公立高校入試 合格者平均内申 公立高校入試 日程・制度

平成25年度より神奈川県公立高校入試制度が、機会を一体化した共通選抜に大きく変更されました。

試験時間はそのままに、満点が50点から100点に増えるため、記述問題が増加、思考力や表現力が求められます。

横浜翠嵐や湘南で実施されていた独自入試は廃止され、これらの高校のほとんどが共通選抜と合わせて特色検査を実施しています。

 -------------------------------------------

合格者平均内申 全県模試80%ライン偏差値

 

【川和高校】内申128 偏差値74 

大きく希望者を増やしています。県内の公立高校では珍しく、大部分が現役合格で浪人率が少ないことが評価されています。もう一つは学校の文武両道の方針。特色検査がないのも人気の理由。

【厚木高校】内申127 偏差値71 

学校改革に力を入れた結果、国公立大合格者の現役生の割合は県内トップクラスです。

【大和高校】内申119 偏差値69 

進路実績が伸び人気も高まっています。入試割合が高く、入試での得点力をつける必要があります。面接では差はつきません。

【座間高校】内申114 偏差値60 

民間出身の校長のもと理数系に力を入れています。理数系に進学したい生徒にはぴったりです。

【大和西高校】内申103 偏差値55

英語教育や国際教育を特色としています。面接点での差はついていません。

 

【希望ヶ丘高校】内申122  偏差値68 

【 松 陽 高 校 】内申112 偏差値59

【 海老名高校 】内申118 偏差値64

【 市ヶ尾高校 】内申115 偏差値64

【 麻溝台高校 】内申111 偏差値58

【 湘南台高校 】内申108 偏差値57

【 弥 栄 高 校 】内申105 偏差値58

【 瀬 谷 高 校 】内申103 偏差値55

【 荏 田 高 校 】  内申96 偏差値50

【 霧が丘高校 】  内申90 偏差値49

【 神奈川総合産業 】  内申91 偏差値50

【 上鶴間高校 】  内申81 偏差値44

【 大和南高校 】  内申84 偏差値44

[募集期間]

  平成31年 1月28日(月)から1月30日(水)まで

           (土曜日及び日曜日をのぞく)

[志願変更期間]

  平成31年 2月4日(月)から2月6日(水)まで

[学力検査等の期日]

  平成31年 2月14日(木)

[面接及び特色検査の期日]

  平成31年 2月14日、15日、18日

[合格者の発表]

  平成31年 2月27日(水)

共通選抜の第1次選考では、調査書・学力検査・面接の評価を数値化した合計で選考されます。

a) 調査書

2学年の9教科の評定の合計)+(3学年9教科の評定の合計)×2135点満点100点満点に換算した数値

教科ごとの評定合計を一定の範囲3教科まで、各2倍以内)で重点化する場合があり

b)学力検査各教科の得点合計を100点満点に換算した数値教科ごとの得点を一定の範囲(教科まで、2以内)で重点化する場合があり。

c面接面接結果を点数化して100点満点に換算した数値

 

は合計が10となるそれぞれ2以上の整数とし、各学校が定める⇒選考基準)


内申:入試:面接=2:6:2(3校)

翠嵐高校、鶴見高校、生田高校

 

内申:入試:面接=3:5:2(27校)

湘南高校、希望ヶ丘高校、柏陽高校、厚木高校、横須賀高校、秦野高校、大和高校、茅ヶ崎北陵高校、光陵高校、横浜緑ヶ丘高校、YSFH、鎌倉高校、七里ガ浜高校、大和西高校、海老名高校、神奈川総合高校、弥栄高校 市立桜丘高校、市立南高校、市立金沢高校、大船高校、座間高校、上溝高校、横須賀大津高校 等

 

内申:入試:面接=4:4:2(48校)

霧が丘高校、市ヶ尾高校、元石川高校、川和高校、瀬谷高校、横浜平沼高校、追浜高校、逗葉高校、深沢高校、藤沢西高校、湘南台高校、茅ヶ崎高校、鶴嶺高校、茅ヶ崎西浜高校、平塚江南高校、大磯高校、二宮高校、秦野曽屋高校、 伊勢原高校、伊志田高校、足柄高校、山北高校、大和南高校、麻溝台高校、上鶴間高校、相模原高校、上溝南高校 等

 

内申:入試:面接=5:3:2(17校)

荏田高校、旭高校、松陽高校、瀬谷西高校、逗子高校、寒川高校、西湘高校、厚木西高校、大和東高校、綾瀬高校 等

 

内申:入試:面接=6:2:2(4校)

磯子高校、大井高校、厚木東高校、厚木北高校

 


【個別学習タウ つきみ野教室】

つきみ野駅徒歩5分

小・中・高対象の個別指導